制振プレート(DCP-P001)、販売開始です。

2016年10月18日(火)

dcp-p001260   dcp-p001-2260

 

こんばんは。ご案内が遅れてしまいましたが、制振プレート(DCP-P001)を正式販売開始しました。

 

内容については、過去のブログでお知らせしていますので、そちらをご覧ください。

 

ちなみに、早速レポートもいただきましたので、御紹介させていただきますね。

 

このパーツはパーク以外のユニットを含め、いろいろな用途に流用可能ですし、お手ごろ価格に設定していますので、先ずはお試しいただければと思います。

 


 

DCU-F124W+DCS-W3のキャビネットで、ヨーク底面に制振プレートを付けてみました。

 

気になっていた繊細な女性ボーカルが引っ込んでしまう現象が改善し、ピアノの残響がすっきり濁りのない音になり、きれいな余韻になりました。

 

現状は、少し低音が出過ぎているようですので、余っている吸音材で調整しようと思います。

 

 

PS: リクエストのあったフェアのデモ曲リストですが、今週中には何とかアップしたいと思いますので、もう少しお待ちください。(^_^; 

 

コメントを投稿

※【ご注意ください】コメント欄に不具合が生じる恐れがある為、
メールアドレスにguest@example.comを入力しないようにしてください。
※お名前は必ずご記入をお願い致します。ニックネームでも構いません。
※メールアドレスは必須ではありません。また、ご入力いただいても公開はされません。

*


  |  

カレンダー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近のコメント

記事検索